植物観察旅行記  韓国:日本に似た植物  韓半島あちらこちら  済州島あちらこちら

  ホテルの庭の一角で

2007/02/15

韓半島の春、3月、落葉樹はまだ芽吹いてはいない。
そんな中 コブシの白い花と黄色のチョウセンレンギョウは満開で いや応なしに目に飛び込んでくる。

画像の上をクリックして大きくして見てください。

コブシとチョウセンレンギョウ



そんなある日、全羅北道(チョルラブクド)の全州(チョンジュ)市のあるホテルに泊まった。


朝の出発が遅かったので、ホテルの庭を散歩した。
見慣れた草が生えている。みな日本で見られる草ばかり。
自分は今、日本に居るのか韓国に居るのか、戸惑ってしまう。

早速、写真を撮った。

全州市のホテルの庭の草(3月)

イヌノフグリ(ゴマノハグサ科)と
キュウリグサ(ムラサキ科)
オニタビラコ(キク科) キュウリグサ(ムラサキ科)

キツネアザミ(キク科) シロツメクサ(マメ科) スズメノカタビラ(イネ科)

タンポポ(キク科) ナズナ(アブラナ科) コハコベ(ナデシコ科)

ハルノノゲシ(キク科) ハルジオン(キク科)と
ヤブジラミ?(セリ科)
ヨモギ(キク科)

この時はすべて日本でも見られる草ばかりだったがどこかに違うものがあるのだろう。
韓国の植物を見るのがますます楽しくなった。

(参考  全州市の木はイチョウ  全州市の花はチョウセンレンギョウ)




   韓半島あちらこちらのTOPへ  済州島あちらこちらのTOPへ

韓国:日本に似た植物のTOPへ  植物観察旅行記のTOPへ