東南アジア熱帯の植物  熱帯こぼれ話  幹生花(果)  板根  バナナの原種  アルソミトラ




クイズ

2007/11/15


この画像はインドネシアのボゴール植物園で見た月である。


朝6:30ごろ、散歩をしていた時、撮ったもの。
右斜め下方向から太陽がさしてきた。
その日の月令は約24であった。「残月」である。
朝日に照らされ始めて、右半分が丸くなっている。

特に気が付かなければなんでもないことである。

しかし……
なんかおかしくは無いか?

私の今住んでいるところは、日本、つまり北半球である。
このボゴール植物園は、ジャワ島、つまり南半球である。

とここまで言えば、「あれ?」と気が付き「そうだったのか」と納得するだろう。


ここで 今 私は、どちらの方角を向いて立っているのだろうか?


ヒントは「朝」「右から太陽」「残月の丸い方は右」。

その通り。

私は北を向いて立っていたのだ。
つまり南半球では月は北の空に見える。

これがもし北半球の日本なら、「朝」「左から太陽」「残月の丸い方は左」となるはず。

改めて、南半球のジャワ島にいることを実感した朝だった。

以前は、ガルーダ・インドネシア航空に乗ると、赤道を通過するとき、その証明書をくれた。
だから赤道を過ぎて南半球にいることを意識したものだった。
でも現在では証明書は無いようだ。


日本とは違う南半球を実感することの1つの事象である。



  東南アジア熱帯の植物   熱帯こぼれ話