ミニ観察  ヤマトグサ  ペグとは何だろう  キジョラン  ミズタガラシ




葉っぱの長〜い草

07/09/20
追記07/12/20  08/11/29

私は時折、食事前のひと時、朝の散歩をする。
都会の真ん中とは言えいくつかの植物に出会う。
季節が変われば、見られる植物も変わるし、一つの植物でも何日か過ぎれば姿形が変わる。
それが同じ道を同じように歩いても飽きることなく散歩に出かけようとする意欲につながっている。

散歩道で今までたくさんの植物を見てきた。
どこへ行っても変わらないような植物が多い。
これからも同じような植物に出会うだろう。

その中で特に「葉っぱの長〜い草」をまとめた。

ここで言う「葉っぱの長〜い草」というのは、
単子葉植物の中のイグサ科やイネ科、カヤツリグサ科などである。
私たちの身の回りには、意外に多い植物である。

しかしこの仲間の植物は同定が困難で、調べても調べても難しい。
素人の私には手に負えるものではない。
でも不思議なもので、そういうものこそ調べたくなるものである。
「素人の浅ましさ」というか、「目くら蛇に怖じず」というか、それが私なのだ。


散歩道で見たものの種名を五十音順に並べた。
また、同じ種でもできるだけたくさんの写真を載せることにした。
その方が同定しやすいだろうから。
それらの写真を見て、私の同定が間違っていたらぜひ指摘して欲しい。




葉っぱの長〜い草

五十音索引

種名をクリックしてください。
ア行 カ行 サ行
・イネ科の三大野草
・ノゲイヌムギ

タ行 ナ行 ハ行
・ナキリスゲ 
・ヌカキビとオオクサキビ      ・ナギナタガヤ  

マ行 ヤ行 ラ行・ワ
・マコモ

過去の記録を整理してさらに追加していきます。



     ミニ観察へ