ミニ観察  つる植物を追いかけて   被子植物「つる植物の状態」分類表 


つる植物 B

T、茎自体が巻き付く  、左手親指方向巻き

この巻き方をする植物は右手親指方向巻きよりも種類が多かった。

2009/02/01
追記  2009/04/15、 2009/05/01 2010/03/01 
2011/07/01 2011/10/01  2012/09/15


種名五十音順に並べています。

現在記載されているものは

・アオツヅラフジ  ・アケビ ・ガガイモ 追記  ・キジョラン ・ ツヅラフジ ・ ツルウメモドキ 追記 ・トビカズラ 
ナガイモ   ・ノササゲ ・ホドイモ  ・ヤマノイモ ・ ルコウソウ




2011/07/01 

アオツヅラフジ  (ツヅラフジ科 アオツヅラフジ属)






アケビ (アケビ科 アケビ属)

2011/07/01 


  被子植物「つる植物の状態」分類表  つる植物を追いかけて




2011/10/01
追記 2012/09/15

ガガイモ (ガガイモ科 ガガイモ属)


左手親指方向巻き  10月20日

つるが巻きついているパイプの直径は約3cmの
太さだった。
咲き遅れの花が咲いていた。 10月20日 ガガイモの果実、未熟。
このつぶつぶは 何だろう?


2012/09/15 画像追記 

ガガイモは茎自体が巻き付く。
 左手親指方向巻き
葉は対生、葉柄はあまり長くない。
ガガイモ 左手親指方向巻き
巻きついているパイプの直径は
約5mm 



少し詳しく見る  私の疑問

 2012/09/15


ガガイモの葉は対生である。
その葉腋に花柄が出てその先の方に花序が付く。  (花柄は葉柄よりも長いので葉の上に出てよく目立つ)
でも、花柄は1本だけである。
葉が対生だから葉腋は2ヶ所なのに、何故 その葉腋には1本の花序しか付かないのだろうか?
同じガガイモ科で葉が対生でもその葉腋から出る花序は1本であったり、2本であったりするようである。
私の疑問の1つである。


葉は対生なのに、その葉腋から出る花序は1本である。
(花序の柄などに付いているだいだい色の点はアブラムシの仲間だろう)



 被子植物「つる植物の状態」分類表







キジョラン (ガガイモ科、キジョラン属)  詳しいことはこのHPのキジョランを見てください。

 2009/05/01



2009/04/10
左手親指方向巻き 下の谷から何にでもからみつきながら
這い上がり高いスギの木に登って行く。
前年に果実が割れて、種子を飛ばした後
果皮が落ちずにぶら下がっていた。
この様な果皮は干からびて茶色、
小鳥が止まっているかのようだ。



ツヅラフジ (オオツヅラフジ)  (ツヅラフジ科、ツヅラフジ属)

 2009/05/01   追記2010/03/01



2009/04/19
左手親指方向巻き。
茎は緑色をしているので、見つけやすいが
やがて木質化する。
葉の形は多型。
この画像は若葉でみずみずしい。


左手親指方向巻き。 2月 落葉性の植物。  2月
枝分かれがいちじるしく長く伸びる
この枝で民芸品などを作るところもあるようだ。


参考   ツヅラフジ科の3種、属は違うがつるはみな左手親指方向巻き。

コウモリカズラ(コウモリカズラ属) アオツヅラフジ(アオツヅラフジ属) ハスノハカズラ(ハスノハカズラ属)

   被子植物「つる植物の状態」 分類表






ツルウメモドキ (ニシキギ科、ツルウメモドキ属)   果実が美しいので花材として使われる。

2009/04/15

追記 2012/09/15

左手親指方向巻き  秋の青空に映えて美しい。
埼玉県 2008/12/18 



2012/09/15  追記

街中の小さな公園で。
     ツルウメモドキの棚
左手親指方向巻き(→)
左手親指方向巻き
         東京都 2012/09/03



2011/07/01 

トビカズラ  (マメ科 トビカズラ属)  


熊本県の相良にあるものは有名で、「国指定天然記念物」になっている。樹齢1000年。これは「アイラトビカズラ」と言われている。
なかなか見に行くことができなかったし、他のところで見られるとは思っていなかった。
ところが、2011年4月23日、高知県牧野植物園で見ることができた。感激!!!
この種名は「トビカズラ」も「アイラトビカズラ」も学名が同じなので、「トビカズラ」として、記録する。

高知県牧野植物園で咲き始めていた。 つる植物である。2011/04/23 変わった形の花が房状にぶら下がっていた。これでもマメ科である。


つる同士が絡み合っているが
左手親指方向巻きである。
花はまだつぼみが多い。
つるが誰かに何とか巻きつこうとしている。
花をたくさんぶら下げて、少しでも高く
這い上がろうと努力している。


総状花序に付いて、ぶら下がっているが、1個のはなの形は
どうなっているのだろう。
中を覗くと、マメ科らしい5弁が見えてきた。


つるは普通見られるつる植物よりも太い。
そこに、幹生花のような付き方で、花がたくさんぶら下がっている。
このことから、私は、熱帯性の植物だろう、と思った。
葉っぱは常緑で 3出複葉だった。
マメ科には 3小葉の葉が多い。なるほどマメ科らしい、と思う。


帰宅して、調べたら、現在は主な植物園で植栽されていることが分かった。
京都府立植物園、名古屋東山植物園、フラワーセンター大船植物園など。いずれ私も訪ねてみたい。

なお驚いたことには、
「高温に強い緑のつる性の植物」と言うことで、園芸関係業者が
「室内移動式緑化カーテン」、「植物壁面緑化」、「屋上緑化材」などとして販売しているようである。


   被子植物「つる植物の状態」分類表




2011/10/01

ナガイモ   (ヤマノイモ科、ヤマノイモ属)  畑の栽培される多年草、逸失されたものが見られる。むかごができる。




  被子植物「つる植物の状態」分類表



2009/02/01

ノササゲ (キツネササゲ) (マメ科、ノササゲ属)    果実の色が美しい。




2011/07/01


ホドイモ  (マメ科 ホドイモ属)




地面の上を這いまわっていた。
まだ 這い上がるものが見つからないようだ。

茎は茶色、お互いの茎に絡み合っていた。


地面の中を掘ると、
いも(塊根)がでてきた。
食用になる。



       被子植物 「つる植物の状態」分類表





2009/02/01


ヤマノイモ  (ヤマノイモ科、ヤマノイモ属)

このヤマノイモは じねんじょといわれる担根体(根ではない)・葉は対生か互生か・むかご など話題性の多い植物で
調べ始めると面白くてやめられない。



むかごを付けながらも巻きついて行く。
この仲間で、むかごをつけるのは
このヤマノイモ・ナガイモ・ニガカシュウ
の3種だけしか見ていない。
雌雄異株であるが、どちらの株にも
むかごが付いていた。
これは雌株。

ヤマノイモの葉は対生だ と言われるが
私の観察では必ずしもそうではない。
この場合は対生である。
左手親指方向巻き。

このあと画像が見つかり次第、つる以外のことも追加していきます。


2009/02/01

ルコウソウ (ヒルガオ科、ルコウソウ属)



旺盛な伸び方をするため、棚を作って日よけにしなが
ら花を観賞することも多いそうだ。

たくさんつける真っ赤な花が、変わった形の緑の葉の
色と対照的であるので、栽培されてきたのだろう。

マルバルコウソウとはまた違った趣がある。
左手親指方向巻きの細い茎がどこにでも伸びていく。




この先工事中 しばらくお待ちください。



  ミニ観察  つる植物を追いかけて   被子植物「つる植物の状態」分類表      D    F