ミニ観察  つる植物を追いかけて  被子植物「つる植物の状態」分類表


つる植物 D 

U、茎はそのまま 他の器官でよじ登る   、引っかけたり寄りかかったりして登る

2009/02/01

追記   2009/04/15  2010/03/01  2011/10/01

種名五十音順に並べています。


現在ここに記載してあるものは

カギカズラ ・ツルキケマン  ・ツルグミ  ・ ナワシログミ ・ママコノシリヌグイ


2009/02/01


カギカズラ (アカネ科、カギカズラ属)  枝由来のかぎで絡み合う


葉を取ったもの。
かぎは各節から出て
いる。


4本のかぎがお互いに
ひっかけ合って絡み合っている。

しっかり絡んだあとは、
かぎの部分が太くなり
頑丈になる。
葉腋からかぎが出ているので枝由来であることが分かる。
そのかぎが下を向いている。   2006/02/17
葉は対生でも
かぎは1つしか出ない
節もある。
 この木は常緑である。
    2008/12/11
絡んだところのかぎは 他のかぎより太くなっている。
  2008/11/05
しっかり絡み合ったかぎ。
その場所の枝よりも太くなってきた。2006/02/17
絡みながら体を支え伸びていく。やっと隣のカリンの木に
たどりついた。  2008/12/11
カギカズラの木は大木にならない。
低木状で、根元から次々に枝を出す。2008/12/11




2006/02/17 千葉県
自生のカギカズラの様子。千葉県の山中で。2006/02/17
山の斜面に照葉樹が生えているが、そこにカギカズラが絡みながら
木全体を覆っている。
枝の一部がちぎれて落ちていたが、
風あたりが強いのか葉は傷だらけ。



  ミニ観察  つる植物を追いかけて  被子植物「つる植物の状態」分類表



2011/10/01

ツルキケマン  別名 ツルケマン (ケシ科 キケマン属) 周りの植物に寄りかかる


この植物をつる植物の仲間に入れるかどうか、疑問である。
寄りかかるための器官がないのだ。
でも、周りの植物に寄りかかることで、上にのびることができる。
当然、自分のすぐそばに寄り掛かる植物がなかったり、自分の背丈に合った高さの植物がなかったりすると、
地面に倒れてしまい、みすぼらしい姿で生きて行くしかないのだ。
だからと言って、最初から地面を這いまわるような植物ではないようだ。


どれが元の茎でどれが枝なのか分からない。
折り重なっているがきれいな花は咲いている。
全体の長さは1mぐらいはありそうだ。 10月20日 群馬県
一部を取り出して見ると、葉腋から花柄を出し、
5〜6個の花を咲かせている。


茎は4稜形がはっきりしている。
わずかに翼もついてはいるが、とげは無い。
この茎で寄りかかることはできないだろう。
根の部分に、なにか仕掛けがあるかしら?
と、掘って見たが、それらしいものはなかった。
果実はあまり多くは熟さないようだ。



  植物の状態」分類表




2009/02/01   追記2010/03/01


ツルグミ (グミ科、グミ属)  枝由来のとげで寄りかかる

山の中で、
思いっきり枝を伸ばしてきたツルグミに出会った。
画像が悪く良く見えないので、黄色の点でしるしをつけた。

2008/12/27
ツルグミは目につくところに生えていると刈り込まれる
ことが多い。
それでもつるを伸ばして生きようとする。
つる植物のたくましさを感じる。
楕円形で囲ったところがツルグミの株でそこからつるを
伸ばしている。
そのつるを黄色の点で追って見た。
長いものは3m近くになる。
山の中の公園で。     2009/01/06

新しく伸びてきた枝には早くも側枝が出て
その側枝から枝由来のとげが出てお互いに
ひっかけ合い寄りかかってからだを支えている。
古い枝もまっすぐには伸びられず、引っ掛かりながら
体を支えている。


伸びた枝の先の方では
枝由来のとげが下を向き、他のものに
引っかけて自分を固定させる(矢印)。10月




ナワシログミ  (グミ科グミ属)  枝由来のとげで寄りかかる。

  2009/04/15


枝が伸びだしている。
公園などでは、これらの枝はすぐ刈り込まれてしまう。
葉腋からとげが出ているので、
「枝由来のとげ」であることが分かる。

このとげのある枝は出てきたばかりで、
枝が上を向いて立っているので とげは上を向いているが
この枝が、垂れ下がる頃には下向きのとげが出てくる。






ママコノシリヌグイ (タデ科 タデ属) 下向きの刺を引っかけてよじ登る

2011/10/01


大きな石を積み上げて作った崖(鉄道の線路)
に這いあがって行く。 8月26日長野県
大きな岩にも這い上がる。
岩のちいさなくぼみにとげを入れるような感じで
這い上がり、やがて草などで安定すると、
花を咲かせるような気がする。
とげは葉柄や茎に生えていて下向き。
茎には細くても太くても下向きのとげが
生えている。









この先工事中 しばらくお待ちください。


  ミニ観察  つる植物を追いかけて 被子植物「つる植物の状態」分類表