つる植物を追いかけて に戻る


被子植物  「つる植物の状態」 分類表

この項作成:2010/01/01
追記 2010/03/01  2011/07/01 2011/10/01 2012/09/15


ここに書き並べた植物は、今までに、私が実際に出会ったものだけです。
まだまだたくさんのつる植物があることでしょうし、私自身も出会うことを期待しています。
それほど つる植物は多いようです。

これからも過去の画像が見つかり次第UPしたり、更に観察して追加していきます。
またUPした後もよりよい画像が見つかった時は順次加除していきます。
もちろん、自分が撮影した画像ですので、
自慢できるようなものではありませんが、お許しください。



2012年9月15日追記
ここには、在来種・帰化種・栽培種など、私の見たものや観察したものは何でも載せてあります。
とにかく数が多い「つる植物」に驚きます。

また、観察をしていると、「何故?」「どういうこと?」「これはどうなっているの?」「なぜこの種だけがこうなるの?」
と言った疑問もわいてきます。
それらのことについては、私の見たまま、感じたままをそれぞれの種の記録の後に述べてあります。

それぞれ違った顔を持つつる植物には驚かされ、興味を覚えて止みません。



くわしい説明はA・B・C〜Gなどをクリックしてご覧ください。

赤字は画像のUP済み  種名は五十音順に並べています。

T U V
茎自体が巻きつく 茎はそのままで
他の器官でよじ登る
その他
 

右手親指方向巻き

追記


・オニドコロ
・カラハナソウ
・カナムグラ
 

・クマヤナギ
 
・サネカズラ
・スイカズラ
・チョウセンゴミシ
 
・ツルタデ
・ツルリンドウ
・ナツフジ
・ニガカシュウ
・ヒメドコロ 
・フジ(ノダフジ)
・ヘクソカズラ
・ホソバノツルリンウ 
・マツブサ
 

引っかけたり、
寄り掛かったりして登る



【枝由来のかぎ】
・カギカズラ

【枝由来のとげ】

・オオバグミ
・ツルグミ
  

・ナワシログミ


【とげ】
・アカネ
・アキノウナギツカミ
・イシミカワ
・オオミゾソバ
・サデクサ
・ジャケツイバラ
・テリハノイバラ
・ノイバラ
・ママコノシリヌグイ
     
・ミゾソバ
・熱帯のトウ類

【寄りかかる】
・ツルキケマン
  
  
複数の条件がある



・ネナシカズラ

 

茎は左手親指方向巻き
さらに寄生根が吸盤型となる
 

左手親指方向巻き

追記

・アオツヅラフジ
  
・アケビ 
・イケマ
・イズカモメヅル
・ウマノスズクサ
・カエデドコロ
・ガガイモ追記
・キジョラン
・クズ
・コウモリカズラ
・コバノカモメヅル
・コヒルガオ
・サルナシ
・シカクマメ
・ツヅラフジ 

・ツルウメモドキ
  追記
・ツルマメ
・テイカカズラ
・トビカズラ
  
・ナガイモ
   
・ナンバンハコベ
・ノササゲ
・ハスノハカズラ
・ホドイモ
  
・マタタビ
・ムベ
・ヤブツルアズキ
・ヤブマメ
・ヤマノイモ
・ヤマフジ
・ルコウソウ
 

巻きひげでよじ登る



【枝由来】
・アマチャヅル
・エビヅル
・カラスウリ
・キカラスウリ
・ゴキヅル
・栽培種のブドウ
・サンカクヅル
・スズメウリ
・トウガン
・ニガウリ
・熱帯のウリ科
 アルソミトラ・マクロカルパ
 
・熱帯のブドウ科  
・ノブドウ
・フウセンカズラ
・モミジカラスウリ
・ヤブガラシ
・ヤマブドウ

【葉身由来】
・バイモ 

【小葉由来】
・イタチササゲ
・カスマグサ
・カラスノエンドウ
・スズメノエンドウ
・ツルフジバカマ

【托葉由来】
・サルトリイバラ
・シオデ
・ヤマガシュウ

【葉柄で】
・カザグルマ
・シロバナハンショウヅル
・センニンソウ
・ヒヨドリジョウゴ
 

両方向巻き


・ツルドクダミ


・ツルニンジン(ジイソブ)


・バアソブ
 

付着型



【付着根】(気根)
・アメリカノウゼンカズラ
・イタビカズラ
・イワガラミ
・オオイタビ
・キヅタ
・サカキカズラ
・ツタウルシ
・ツルアジサイ
・ツルマサキ
・テイカカズラ
・ノウゼンカズラ 
・フウトウカズラ

【吸盤型】
・ツタ




  つる植物を追いかけて